2月のレイズドベッド ( 2022 )

2月のレイズドベッド
この冬は定植や種まき時期が遅れたのと秋の気温が高かったのもあり
収穫できるものがなくなった。

ちょっと寂しいレイズドベッドです

高菜も霜で凍ったり解凍されたりしてボロボロ
ほうれん草もヨレヨレ、、、、(笑)

真ん中のレイズドベッドは土を霜にあてて消毒中
ネットは野良猫のトイレにならないように掛けてあります。

奥のレイズドベッドはニンニク
年末があたたかく伸びすぎて霜でいたんでいますが追肥をして放置中

こちらのレイズドベッドもリーフレタスの種まきタイミングが悪くて小さいまま硬くなってしまった。
こちらも放置して様子をみています。


9&10月はウェブサイトのリニューアルなどで忙しく
家庭菜園に手をかけられなかったのもあるけど、タイミングは本当に大切ですね。

春から頑張ろうと思います!!

霜で消毒してるレイズドも土が減ってきて堆肥を混ぜたいのですが
堆肥代も結構かかるので剪定した植木の枝を下に敷いて嵩を増す計画

2−3年に一度枝を底に埋めるんですが2-3年ぐらいで分解されていい感じです。

春から栽培を始めたい方は今から準備すると4月の植え付けに間に合います。

レイズドベッドというキーワードでブログに辿りつく方も多いと思うのですが
どこで購入しました?とか質問も増えてくる時期なのでリンクを貼っておきますね

『レイズドベッドを選ぶなら』というブログ記事を参考にどうぞ

レイズドベッドを選ぶなら(その4)2021年

レイズドベッドを選ぶなら(その3) 2020年

レイズドベッドを選ぶなら(その2) 2019

レイズドベット選ぶなら(その1)2018年

私が最近気に入ってる堆肥

40リットルで送料込みなので毎年レイズドベットに使ってます


レイズドベッドを作ったけれど、安全な土を探したい方におすすめ
こちらの培養土を購入した時のブログ






LINEで送る
Pocket