11月のレイズドベッド家庭菜園

パソコン買い換えたら色々と再設定しなくてはならなかったり、マルチハブかったりしてなかなか更新できなかったけれど、お野菜は元気に育っていますよ。

11月のレイズドベッド

左の枠にはスティックセニョールとプチベール
隙間にリーフレタスの苗を植えてます。

自作のネットのおかげで虫や鳥の食害が抑えられて順調に成長中
今年は台風が直撃しなかったのが幸いしてる。
台風被害がないのは移住してから初めてかも。

植えてみて感じたのは、1×2m弱の枠では2本がいいかもしれない。
今回は3本植えたけど窮屈になってきてますね。
今年はこのまま栽培します。

ネットは霜除けにもなるのでこのままかけておきます。
ヒヨドリの被害も防げるしね。

真ん中の枠はピーマンが頑張っていたのですが、
現在は苦土石灰をまきました。

ここにはスナップエンドウとほうれん草とレタスを植える予定だよ。

一番奥の枠には、
春菊、ミニダイコン、ルッコラを栽培中

こんな感じで栽培中です。

この他に2つのレイズドベッドでニンニクを栽培。

植木鉢で高菜を栽培。

ミニハウスの中でも栽培。

限られた面積でもできるだけ収穫できるように、春に引き続きサバイバル体制でやってます(笑)

毎年この時期は収穫祭やら町のお祭りでお花の苗を買って植えているのですが、今年は全ての行事がコロナで中止。

とても残念な秋です。

栽培が良い息抜きになってます。

私が使っている栽培道具こんなのです。

LINEで送る
Pocket