ポタジェにトンネルを被せる

寒くなってきたので今年はポタジェにビニールトンネルをかけて栽培することにした。
昨年は不織布をかけたけど、強風や雪で1シーズンもたなかったので、今年はビニールと虫除けネットで試します
レイズドベッド (ポタジェにトンネル)
いろんなメーカーから家庭菜園用にロールで売っているトンネルビニール
トンネルシート、トンネルフィルム、ポカポカシート、いろいろと名前があって探すのも大変
今回はこちらの換気用穴がついてるのにしました。
ポタジェの横幅は100cmなので幅は180cmのものを選びました
レイズドベッド (ポタジェにトンネル)
二つ折りで巻かれていて開いて使います。
横に穴が沢山あいていて良さそう。
レイズドベッド (ポタジェにトンネル)
手前のポタジェに穴開きトンネルフィルムを使い、奥のポタジェには防虫&寒冷紗をしたまま栽培してみます
レイズドベッド (ポタジェにトンネル)
穴開きトンネルフィルムを使うときは、マルチをした方が良いと取説にかいてありました。
乾燥を防ぐためだそうです。
すでに苗を移植しちゃったので、開閉して水をやりながら様子をみます。
庭にあるからいいけど、畑ならマルチした方がいいんでしょうね
レイズドベッド (ポタジェにトンネル)
今年は種まきトレーを買って種をまき芽をだしてから移植しました。
プランターや小さなレイズドベッドだと水やりで種が流れて一箇所に固まっちゃう傾向があって、
芽を出して移植した方が素人だと効率良く育てられます。
一部はプランターに移植して家庭菜園ハウスにも入れました
家庭菜園ハウスの中
真冬はサラダ野菜も高くなるし、買いにいくのが面倒な田舎暮らし中。
だってスーパーまで遠いんですもの。
家庭菜園ハウスの中
早く収穫できますように(^ー^)/
田舎暮らしを始めてハマってるのがキッチンガーデン。
ご飯前に摘み取って食べられるのが贅沢。
始めてよかった家庭菜園

LINEで送る
Pocket