12月のグランドカバー(2020)

今年は移住してから一番暖かい冬かもしれない。
まだストーブだけで過ごしています。
そろそろコタツも出そうかな。

2020年12月2日ののグランドカバーの様子です

(クローバーは元気です。リッピア(ヒメイワダレソウ)は枯れてきました)
(レイズドベッドの周りのリッピアです)
12月のリッピア(ヒメイワダレソウ)の様子

今年は庭の殆どの場所をリッピア(ヒメイワダレソウ)にしました。
このまま地表は枯れて茶色くなりますが根や茎はそのまま越冬し4月くらいに目覚めますよ。

現在はマット状に密になっている状態なので霜で浮いても大丈夫だと思う。
この時期に隙間の雑草をキレイに取り除きたいと思っています。

色々と試してみたけれどヒメイワダレソウが一番管理しやすいかも。

クリーピングタイムも好きだったのですが株の更新を2年に一度くらいしないとキレイに埋まらない
今はレンガの小道の脇や花壇に少し残してイワダレソウに植え替えてしまいました。

冬の間は庭も茶色っぽくなって寂しいのですが、
レイズドベッドがあるおかげでお野菜だけは育っています。

グランドカバーは住んでいる場所の気候や土や日当たりによって選ぶと良いですよ。まず試しに色々と植えてみて1年観察するのがオススメです

これはやめた方が良いと思ったグランドカバーは
ワイヤープランツ。

根が深めに伸びるので増えてしまうので除去するのが難しいです。
植木などの横に植えると根に絡んでしまいとれない。。。。。。。

ワイヤープランツは植木鉢に入れて植えるなどした方が良いかもしれません。

参考になればと記録に残しました。





LINEで送る
Pocket