ブリキのジョウロ

ジョウロを新調した。

今までプラスチックのジョウロを使っていたのですが、
日光で劣化して1〜2年で使えなくなってしまう。

できれば長く使いたいので今回はブリキのジョウロを購入しました

何リットルか良いのか?

以前農家の奥様に使い易いジョウロについて聞いたことがあって、
大きめサイズを選ぶなら両手で支えられる形状が良いとアドバイスをいただいた。

今までの経験から考えて6Lに決定!

ネットで尾上製作所さんのトタンのジョウロ 6Lを購入


届いた時はちょっと大きかったかな?と思ったけれど、
私の栽培方法ではちょうど良い大きさでした。
これ以上大きいと重くて面倒になりそうだし、小さいと2回水汲みをすることになるから。

大量の散水が必要な場合は散水ホースを使っていますが
部分的に水をあげたい時や、葉に水をかけたくない場合、
液肥をあげたい時はやっぱりジョウロが便利ですね。

水を入れる部分も大きいので中を洗えるから液肥を使っても綺麗に保てそうです。

蓮口はブリキでできていて繋ぎの部分がゴムでできてましたよ。

ジョウロの蓮口の方向について悩む人も多いとは思いますが、水量というか水圧によって使い分けると良いそうです。

上を向けると上から降りそそく感じで種まき後や小さい植物など、
圧力がかからず柔らかい水圧で水やりができる。

水がすくなると先からは垂れるけどね(笑)

下を向けてみると確かに勢いよくなるしパワーのある水のかかり方かも。
根がしっかり張った植物ならこちらの方が向いているようです。

6Lサイズのジョウロの大きさは成人猫と比べてみるとこのくらいの大きさ。
女性にはちょうど良い大きさだと思いました。

普段は散水ホース使っていますが、
根元に水をかけたい時、液肥をあげたい時に伝う予定です。

ブリキなので太陽光の劣化がないのは嬉しい。
3年以上は使いたいと思っています。

最近はできるだけ長く買い替えなくても良いものを購入するようになりました。
コスパがその方がいいから。

そろそろ液肥をあげたいのでジョウロが活躍しそうです。

夏野菜の収穫が楽しみです

楽天で探す


尾上製作所 じょうろ トタン ジョウロ 6L [ジョーロ おしゃれ かわいい アンティーク 散水用具 如雨露 ブリキ]


【今週のオススメ-0517】オーロラNANOブラウン20m RM220BRN

アマゾンで探す


トタン製 ジョーロ 6L 散水・水やり用


【Amazon.co.jp限定】 タカギ(takagi) ホース ホースリール かんたん接続オーロラNANO 15m 軽い すっきり収納 RM715SK 【安心の2年間保証】

 

 

LINEで送る
Pocket